<   2012年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

d0235511_23184467.jpg

おひねりプロジェクトの報告です。

開発好明展『雷と雨だれ ~ 窓の中にはいつもクラゲと蜂と台形が浮かんでる』
2012/11/2-26 木曜定休日を除く 会期22日間でおひねりいただいた総額は
18,313円となりました。

4,600円搬入搬出駐車場代として、
4,000円を足場代として、
5,000円を作家交通費の一部として、
4,713円をDM印刷費の一部として当てさせていただくことにいたしました。

おひねりいただいた皆様本当にありがとうございました。

もっとギャラリーとして認知されて、集客ももっともっと伸ばして、
おのずとおひねりが集まれば、もう少しまともに作家さんを”招待”という形で展覧会を
開催できるのになあ、と自分の力不足を感じております。

と、同時に展覧会をしていただいた作家の皆様のご協力にて展覧会を開催
することができ、足を運んでくださるお客様のご理解により、運営費の一部を
おひねりで賄わせていただいていることに深く感謝いたします。
[PR]
d0235511_0175055.jpg

悲しいですが、いよいよ明日26日をもって開発好明展
は終了となります。
このまま残して欲しい、、永久展示でしょう、と数々の賞賛と惜しまれつつの
フィナーレとなります。

通常は最終日17時頃までとしておりますが、明日は通常の19時まで
営業しておりますので、是非是非見納めにきてくださいね。

そしてお休みのお知らせです。
27日火曜日&30日金曜日はお休みとなります。

定休日木曜日があるので、来週の営業日は28日水曜日のみとなります。
よろしくお願いいたします。
[PR]
by hasunohanacafe | 2012-11-26 00:17 | 業務連絡
d0235511_010534.png

後藤裕子展『タネのゆくえ』
12月1日~12月12日(最終日17時まで)

風に吹かれ、水に流され、あるいは鳥やけものに食べられて運ばれていく。

津久井湖城山公園などのフィールド観察から、また、
もともと版画やコラージュ作品を作っていた後藤さんの独自の視点から、
タネを中心とした森の物語を展開いたします。
---------------------------------------

展覧会のみどころ。

散布の仕方など分類別に、タネそのものの造形美に着目したり、
散布に重要な役割を果たす動物達などを半立体で表現した楽しい空間になります。
その他、自然からインスピレーションを受け、版画にした作品なども展示されますよ。

図書館の子供コーナーで植物図鑑をみているようなワクワクしながら、
ちょっと物知りなったり、散歩が楽しくなるヒントが一杯です。
[PR]
Hasu no hanaは基本企画展を行う珈琲が飲めるギャラリーです。
来年2013年度企画展は、ほぼ決定しておりますが、企画展と企画展の間に、
以前よりお問い合わせを受けていた、貸しギャラリーの受付の開始を始めます。

今まではじめなかった理由は、通常の貸しギャラリーは不動産業というか、共食いと
いうか、貸しギャラリーというシステムが好きではなかったので、取り入れなかった
訳です。
しかし、すべての方を企画で行うのもHasu no hanaを維持するという意味で
難しいし、同時に表現者の努力がなければ展覧会は成功するものではない、と思う
ようになっていきました。

何故展覧会を開催するのか、というと多くの人に見てもらいたい、という気持ちがあるから
ではないでしょうか。
そして、開催しただけでは、自己満足で終わってしまうケースもあります。
と、いうことで、作家活動をしていく、という目標を持っている場合、作家自身の
努力も必要になるわけで、その努力により、作家の負担を少なく展覧会の開催が
できるシステムを考案しました。

と、いうことで、そのシステムについては、再度かきますが、とりあえず、
Hasu no hanaで展覧会を行ってみたい、という方、まずはお気軽にお問い合わせください。

なお、今回の募集は企画展の枠ではございませんので、その点ご了承ください。
また、Hasu no hanaも応援の意味を兼ねたレンタルシステムとなりますので、
ファイル審査はございます。

どうぞ、よろしくお願いいたします。
[PR]
by hasunohanacafe | 2012-11-20 14:27 | 店長の戯言
珈琲が美味しかったです。とか、豆は買えますか?
というお問い合わせをいただくことがありますので、少々案内を。

Hasu no hanaでは豆の販売は予約販売という形で行っています。
理由は、珈琲豆も鮮度が美味しく飲む重要なポイントだと考えているからです。

もちろん豆も良質なもの、カビ豆や虫食い豆など雑味の原因になる
豆を取り除く作業の”ハンドピック”を焙煎前と後にも行っています。

と、いうことで、予約販売の焙煎デーは毎週金曜日。
そして、焙煎したその日にすぐに発送をいたします。

豆の種類などによって値段は多少異なりますので、詳細はお問い合わせください。
ご注文はHPカテゴリーの【Shopping】から、よろしくお願いいたします。
[PR]
by hasunohanacafe | 2012-11-16 22:44 | 業務連絡
いままでに、企画展を開催させていただいた作家さんの
近況報告を勝手にする、というコーナーです。
だって、皆さん、とても活躍されていて、
Hasu no hanaを通してその作家さんのファンになった方に、
またその機会をお知らせしたいじゃないですか。
という、仲人的おせっかいのコーナーであります。

●小木曽瑞枝さん
まずは今年5月に展示していただいた小木曽瑞枝さんは
府中市美術館美術館でまもなく開催される10組のグループ展に
参加されています。

虹の彼方-こことどこかをつなぐ、アーティストたちとの遊飛行ー
府中市美術館
2012/11/23-2013/2/24

この展覧会のポスターやチラシには、Hasu no hanaでもDMを飾った
あのかわいこちゃん作品である『はためく午後3時』が、再び登場しています。
小さい作品ながらに、生まれながらのアイドルともいうべき
かわいこちゃんの魅力でまた皆さんの足を府中に運ばせることでしょう。

●永岡大輔さん

8月に企画展を開催させていただいた永岡大輔さん。
細密な線画と、残像が印象的な鉛筆画のアニメーションが
記憶に残っているかと思います。

永岡さんは、札幌にある「500m美術館」(地下鉄大通駅とバスセンター前駅を結ぶコンコースを会場にアート作品を展示)の「第一回札幌500m美術館賞」というコンペにて、プラングランプリを受賞されたということです。
来年2月に、「500m美術館」にて展覧会が開催されるとのことですよ。
[PR]
by hasunohanacafe | 2012-11-13 12:27 | 店長の戯言
開発好明展『雷と雨だれ ~ 窓の中にはいつもクラゲと蜂と台形が浮かんでる』
無事に搬入できるだろうか、、発泡スチロールは足りるだろうか、、
などなど不安を抱え、キリキリと胃を痛めておりましたが、さすがは開発さん、
一日で無事搬入を終え、無事に展覧会がスタートしました。

初日夕方には、開発さんと高安利明さんのユニットLow-Tecのミニライブも
行われ、沢山の方がオープニングにかけて付けてくれました。
Low-Tecのライブは身近なものを使用したソフトノイズ。思わぬ音の効果に、楽しかった、
という感想もいただきました。

Hasu no hanaは不思議な建物ですが、その空間を存分にいかしたインスタレーション作品。
ゲスト作家の岩田諒子さん、柵木愛子さん、吉野ももさんの作品もそれぞれタイプが
異なるので面白いですよ。
d0235511_2392722.jpg

と、いうことで展覧会は26日まで。
12-19(close 木曜日) 
17日にはゲスト作家のアーティストトークイベントやりますよ。
[PR]
by hasunohanacafe | 2012-11-06 13:57 | 業務連絡