<   2012年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

d0235511_1547449.jpg

d0235511_15554941.jpg

d0235511_15504352.jpg

[PR]
by hasunohanacafe | 2012-10-29 15:56 | 店長の戯言
おひねりプロジェクトの報告です。

志村冬佳展『Dolls』
2012/10/7-28 木曜定休日&休み除く 会期18日間でおひねりいただいた総額は
37,190円となりました。

12,280円をDM印刷費として、
7,473円を宣伝費の一部として、
17,437円を搬入搬出費、作家交通費の一部に当てさせていただく
ことにいたしました。

おひねりいただいた皆様本当にありがとうございました。



今回感じたことをひとつ。

おひねりプロジェクトは会場の片隅でひっそりとおりねりを入れる
瓶をおき『展覧会がよかったら、そのお気持ちのおひねりをお願いします』
みたなことくらいしか書いていません。
近くには、おひねりプロジェクトの主旨、展覧会毎の報告をプリントアウト
したものを置いています。
それに目を通す方より、通さない方の方が圧倒的に多いです。
それでもみんな『展示を見れてよかった』という気持ちを表してくれます。

今回、志村さんの職業柄学生も多くいらっしゃまいしたが、その方達も
自発的におひねりをしていた方が多かったのです。

それは私にとって驚きでした。
でももしかしたら美術館以外の場所での展覧会というものに、
何の先入観もない彼らの判断
(作家を応援したいから、作品から何かを感じることが出来たから)
はある意味、率直で自然なのかもしれない、と。

そうしたら、なんだかおひねりプロジェクトは実に、
健全な形で展覧会を開催できているのではないか、と思うのでもありました。
[PR]
d0235511_050033.png

開発好明展『雷と雨だれ ~ 窓の中にはいつもクラゲと蜂と台形が浮かんでる』
2012年11月2日(金)~26日(月)
11/2 opening party 「Low-Tec ミニLive」

茶室など発砲スチロールを使用した作品をはじめ、インスタレーションや
パフォーマンスなどで、精力的に作品を発表し続けている開発好明さんの
展覧会を開催いたします。
d0235511_0502522.jpg


開発好明(1966年山梨生まれ。美術家)HP: (Click!)
2012年活動:六本木アートナイト、越後妻有トリエンナーレ、六甲ミーツアート他多数参加

ゲスト作家
岩田諒子 柵木愛子 吉野もも 
11月17日18時~ 
女性作家3名のアーティストトークあります!
『女子トーク Girls トーク お初トーク』
※詳細決まり次第UPいたします。
[PR]
d0235511_2226186.jpg
d0235511_22254355.jpg

7日より志村冬佳展『Dolls』はじまりました。
あっちをむいたり、こっちをむいたり。話を聞いてない、きままな鳥君達や、
キャベツや花の妖精(?)が会場をにぎやかにしています。
ちょっと不思議な、独特な世界に誘い出してくれますよ。

また、今回は親子コラボがあります。
普段、志村さんの額を作っているというお父様の、木のコップや、
ユニークな漆のスプーンが並びます。
ひとつひとつ、味わい深い表情を出しているので、手に取ってごらんくださいね。
[PR]
会期中に、店内に置いていた作家インタビューupいたします。
-----------------------------------------------
市原悠輔展『大人noおもちゃ』

Hasu no hanaにて市原悠輔展『大人noおもちゃ』を開催するにあたり、
少しお話を伺いました。(聞き手:Hasu no hana/フクマカズエ)

F:展覧会のタイトルですが、前回の展覧会も大人のおもちゃでしたよね。
市原さんがテーマにしている大人のおもちゃとは具体的になんですか?

市原:うーーん。うーーん。

F:「大人」というか、市原さんのおもちゃ、ということですかね?

市原:はい。そうですね。大人になりたくない願望です。
子どもの目線を持っていたいというか。皮肉やインパクトなども考えてつけました。

F:市原さんの作品は背広と建物がモチーフが繰り返し出てきますね。

市原:背広は大人の象徴です。
建物というか景色ですね。
よく見ていた光景が大人の勝手な都合により、町の景観がどんどん壊され、変わっていく。
つい最近も窓から見えていた銭湯の煙突が突然消えました。

F:段ボール、ビニール傘、梱包材などを使用した作品が多いですが、
素材についてのこだわりはありますか?

市原:素材、というか昔は、まったく色を使わなかったんです。
例えば柿渋などの地味な色で作品を作ってました。

2005年の個展「正円の為の公式と解説展」という展覧会で、
高校生か専門学生くらいのグループから
「なんだこれ?」という声が聞こえ、ショックでした。
美術手帖にも掲載していただいたのですが、玄人受けはしても、
そうでない人には全然伝わっていない。と思ったのです。

それから、展覧会後作品を(作品以外の家具などもですが、、)一切捨てました。
そこからしばらく作品を作らなかったのですが、再度手を動かそうと思った時に、
何もなかったのです。
そこで部屋にあるもので作り始めたましたが、たまたま色がある素材でした。

色を使うのが楽しくなり、色があると全然違うと思いました。
それじゃあってことで、絵の具なども使い始めるようになりました。

F:市原さんは今まで製作した物の多くを壊してしまっているそうですが、それは何故ですか?

市原:昔は、作り終わったら、興味が失せるというか直視したくないというか。
卒業制作も講評後にすぐ焼却炉に持ってゆきました。
あと、単純に保管しておく場所がないということでした。

F:大人のおもちゃ のタイトル通り、市原さんは社会の矛盾や理不尽さなどへの
気持ちを浄化させる為、そのアウトプットとしての作品作りであり、
だからそれは積み木のおもちゃのように、作る形にすることが重要で、
作り終わると役目を終えるというか、アウトプットされたものに
興味がなくなるので、壊してしまうと思っていました。

市原:それもありますね。

F:最近も作品を残してはおきたいという気持ちはないのですか?

市原:最近は変わりました。形として、写真でもなんでもいいので、
記録として残してはおきたいと思っています。
それから作る、という行為を純粋に楽しんでもいます。

だから、会う人、会う人に使っていない倉庫があったら使わせてくれと
伝えてます。(笑)
[PR]