<   2012年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

あの人は今!
みたいな感じで、Hasu no hana CAFEにて展示を開催させていただいた方の
infoのコーナーです。
カテゴリ名なんか別に作ろうかな。あの人は今!でいいか。


かわいいかわいい鳥のオブジェや、水彩、詩と素敵な
作品で2012年最初の展示を飾ってくれた渡邉知樹さんの
大活躍情報です。

掲載
●「Tokyo graffiti」3/23売号(091号)
『次世代アート260点』という特集でチラッと紹介されているようですよ。

展示
●“東日本大震災被災地支援・チャリティー展覧会”
2012年5月1日(火)~5月6日(日)
恵比寿“ギャラリーまぁる”にて

参加作家
宇野亜喜良 大久保草子 大畑いくの 国武将 スズキコージ 田沢千草 
寺門孝之 野村たかあき 丸山ゆき 南 椌椌 山田心平 山福朱実 他

●渡邉知樹展“てのひらの方舟(仮)”
2012年7月12日(木)~7月17日(火)
吉祥寺“にじ画廊”にて

●渡邉知樹展“背景(仮)”
2012年9月4日(火)~9月9日(日)
恵比寿“ギャラリーまぁる”にて


渡邉さんはHasu no hana CAFEでの企画展を最初にお話させていただいたときに、
「どんな感じになるか描きはじめてみないとわからない。」といいました。
今年の夏には2本展覧会が決まっているようが、どんな新作を見せてくれるのか楽しみですね。

d0235511_0522051.jpg

※画像は渡邉知樹展「雲の足跡」@Hasu no hana CAFE
[PR]
by hasunohanacafe | 2012-03-28 00:53 | 店長の戯言
d0235511_1491156.jpg

長かった空白期間(または冬眠期間)を終え、春になり、
いよいよCarton展がスタートします。

内容は、
Cartonプロダクト8アイテムの展示、Cartonのメインである
折り財布のヒストリー展示、それから購入できるアイテム多数。豊富。
特に、メインアイテムの折り財布なんとも鮮やか、華やか、かっこいい柄
沢山あります。

むーーー。どれもこれも魅力的。
はたして、いままでにこんなにまじまじと段ボールのデザインを
眺めたことがあっただろうか。。

Carton展を見た後は、たぶん段ボールの概念が変わると思いますよ。

●作家在廊情報(=リペア窓口開設デー)
3/31終日予定(ワークショップ中はリペア対応不可)
4/14時間未定

と、いうことで、お待ちしております!

-------------------------------------------------------

搬入時に休みと知らずに足を運んでくだっさった方、申し訳ありませんでした。
※定休日以外のお休みは事前にHP,blog&twitterにてお休みのお知らせをしております。
[PR]
by hasunohanacafe | 2012-03-26 01:49 | 店長の戯言
●1つ目
3月25日は展示搬入につきお休みとなります。


●2つ目
まだお席少しありますよ!
ワークショップ開催『段ボール名刺入れを作ろう!』
3月31日
1回目→16時〜17時30分
2回目→18時30分〜20時
1500円(珈琲、スコーン付き)
[PR]
by hasunohanacafe | 2012-03-21 16:49 | 業務連絡
と、いうことで、昨晩思いつきで、アート&クラフト市を企画したいので、
協力者募集を呼びかけたところ、フットワークの軽い、女子がさっそく
お店にきてくれました。

だって、思いませんか。
作家とか、物づくり人とか、多いくせに、ぜんぜんアートな匂いが
しないんですよ。大田区は。むん。
そして、多摩川アートラインをやったことすら関心が薄いじゃないですか!

でも潜在的には多くいるのです。
だから、そんなみんなで作っていくアート&クラフト市を計画してみよう。と。

名前は鵜も森市とかもいいなあ。
wiki先生によると、

この一帯は昔、鵜が非常に多く住み着いており、豊かな森が広がっていた事からも、そこから自然発生的に呼ばれた「鵜ノ森」から地名が来たと考えられている。

とおっしゃっている。そこからあれやこれやで、鵜の木になったらしいのだ。
そのイメージだけでもう、相当にかわいい。

鵜の森市では、もしかしたら当人同士がOKといえば、ぶつぶつ交換だっていいかもしれない。
森っぽい。うーーん。かわいい。

まずは小さく、Hasu no hana CAFEからスタートし、参加者が増えてきたら
松山公園で開催し、そして最終的には多摩川あたりで行う、ってのが理想です。
理想なので、なんでも盛り込みます。

鵜の森市では、手作り物の他、オーガニック食品や、フェアトレード商品
なんかも出店してくれるようになると、森の住人達は楽しいですね。
うーーーん。妄想でたのしい。

冬は寒いからやや控えめに、春や夏になると活発に、物語にでてきそうな
そんな暮らしができる鵜の森市の企画です。

興味あるかた、募集中です。
[PR]
by hasunohanacafe | 2012-03-21 00:14 | 店長の戯言
HPにて会期など載せておりましたが、ブログではきちんと紹介していなかったですね。
と、いうことで、これがCarton展の詳細だ!!!


段ボールで財布やパスケースなど実用性高いプロダクトを発信するCarton。 2009年からスタートし、試作を重ねて現在の形となった段ボール財布の変遷や、 素材やデザインの面白さのなどが本展の見所となります。ーCarton展概要から

cartonさんのメッセージです。

「このたび、東京・鵜の木にあります、Hasu no hana CAFEさんの企画で、初の展示会「Carton展」を開催する事となりました。多摩川線沿いにある、とても静かで雰囲気のいいギャラリーで、天井を見上げると...ちょっと面白い仕掛けがあります。会期中は段ボール財布の販売、ワークショップ、そして初の試みであるリペア窓口を開設いたします。以前ご購入いただいた方で、壊れてしまったけど直し方がわからないという方もどうぞ。おいしいコーヒーと段ボールのハーモニーをお楽しみいただけたらと思います。(会場のHasu no hana CAFEは珈琲が飲めるギャラリーです。)」

会期:3月26日〜4月15日
最終日15日は17時まで

●ワークショップ開催『段ボール名刺入れを作ろう!』
3月31日
1回目→16時〜17時30分
2回目→18時30分〜20時
1500円(珈琲、スコーン付き)

●リペア窓口開設
Carton展会期中に限り、その場でお直し可能な物は無料でリペア。
「切れた、ボタンが取れた」などでお困りのCartonユーザーの方、
この機会に是非ご相談しに来てください。
(作家在廊時のみ。)⇒わかり次第在廊日程UPします。
[PR]
奇才、ポスター職人A.Y氏のことを君たちは覚えているだろうか。
「フライデーアフタヌーーン」といったきり、姿を現さないA.Y氏。
秋が過ぎ、冬が来て、年が暮れ、2012年が明け、、、
待てど暮らせど、それでもA.Y氏は現れない。
いつしかひょっこりと、空白の時間など感じさせず、
「ポスターできたよ」と再び扉を開けてくる日を、私は待っているのだ。

さて。先日、ある資料を探しに、図書館に行った。
最初は資料探しに没頭していたが、ふと周りを見渡すと、
黄色い紙に綺麗に線を書いている、おじさんが目にいった。

年齢、風貌、何をやっているかよくわからない作業風景、、、

私はすぐに、A.Y氏を思い出した。

話しの展開からいくと、そのおじさんがA.Y氏だったのだ。
となるとよくでき過ぎたフィクションになるのだが、現実はそうも
簡単にはいかない。

ただ、思い出しただけだった。

そう、A.Y氏は「仕事場は図書館ね」と話していたのだった。
そして、その日に訪れた図書館はまさにA.Y氏が仕事場としていた
図書館だったのだ。

なるほど。この館内には図書目的以外に、不思議な閑散とした休憩室があり、
そこでは飲食が可能のようだった。
A.Y氏がそこで作業をしたり、うたた寝をしたり、食事を取る姿が容易に
想像できた。

そこから、資料探しではなく、無意識にA.Y氏探しをしていた。
先に払ったお金を返してくれ、この詐欺!なんていうつもりはまったくない。

私は、A.Y氏作品の一人のファンとして、どうしても依頼した作品がどんな
風に出来上がるのかが、ただただ見たいのであった。

こんなにも、作品を待ち遠しく思ったことはあっただろうか。

そうゆう意味ではやはりA.Y氏はただものではない。

まもなく冬も終わり、いよいよ春がきてしまう。
A.Y氏は川縁で春を感じているのだろうか。。。
[PR]
by hasunohanacafe | 2012-03-17 20:46 | 店長の戯言
d0235511_13018.jpg

d0235511_133041.jpg

みゃーー。Carton展のDMかわいく出来てます。
ほんの少しづつですが、知り合いのお店だったり、ギャラリーだったり、
カフェだったり、ぽつぽつと置かせていただいております。

今回はCarton展に合わせて、段ボール感のある仕上がりになっています。
が、この印刷方法はインクが定着しにくいとのことで、こすったりすると
インクが手についたりしてしまうのですが、そこはご愛嬌ということで
お許しください。

Carton展のワークショップの時間帯に移動があり、まだどちらの回も
ご参加いただける状態です。興味のある方は是非お問い合わせくださいね。

Cartonワークショップ 『段ボール名刺入れを作ろう!』
●3月31日
1回目 16時〜17時半(あと2名様です)
2回目 18時半〜20時
●1500円(珈琲、ミニお菓子付)
●定員各回8名

問合せ、ご予約はhasucafe@sw.sub.jpまで


さて、まずはサンキューアートの日のHasu no hanaギャラリー公募に
ファイルを持ってきてくださった方、ありがとうござました。

今年は、店主の周知がうまくいってなく、多くの方が参加してくれたわけでは
ありませんが、数ではありません。
御持ちいただいたファイルを時間をかけて拝見し、読み解くものがあり
大変貴重なイベントとなりました。
参加していただいた方には改めて連絡させていただきます。ぺこり。
[PR]
サンキューアートウィークがはじまっております。
Hasu no hana ギャラリー公募はじまってます。
ファイルを持っていらしてください。その場でみれない場合も
あるので、当面貸出し可能なポートフォリオをお持ちください。

店長のお目にとまれば、来年2013年に展覧会企画させていただきます。
公募料も無料なので、是非是非ご参加ください。

Hasu no hana CAFEは珈琲が飲めるアートギャラリーをコンセプトとしております。
築50年以上の古民家を改装した店内吹抜け部分は8m弱くらいの高さがあり、
想像力がかき立てられる空間ですよ。
--------------------------------------------------------------------
さて。はて。2012年春の新企画の豆売りですが、
当面の間、焙煎豆はブラジル/キャラメラード1本にしようかと
思っておりましが、味の違いを楽しめるセットとご用意いたしました。

と、いうことで次回3月9日分は
ブラジル200g or ブラジル&タンザニアPB 各100gづつ
もやります!
どちらも1150円+送料(メール便240円)です。

ブラジルは酸味が全然ないので、スタバ世代にはおすすめな味です。
そして、今回のタンザニア、酸味、苦み、甘みどれも感じることができて
これまたおいしいのですよ。なんとなく春っぽい味か。

と、いうことで、ご注文は、HP
カテゴリー【shopping】⇒焙煎豆のところにて3月7日まで受付です。

もしくはメールでも注文可能です。
hasucafe@sw.sub.jp
[PR]
by hasunohanacafe | 2012-03-05 12:49 | 業務連絡
2012年春の新企画の豆売りですが、試験期間は毎週金曜日を焙煎日と
することにしました。

わーー。パチパチパチ。店長がんばってーー!!(ま、私ですが、、。
気分を盛り上げて!)

と、いうことで次は3月9日が焙煎日になります。
受け付けは2日前の3月7日までです。

焙煎日以降、近い方はお店でお渡しか、もしくは郵送となります。
郵送はメール便がいいのではないかと思います。できれば、メール便速達がいいですね。
200g、メール便 240円 速達 +100円 になりそうです。

お支払いは、店に取りにくる人はその時に、郵送の方はお振込でお願いいたします。

●焙煎日 3月9日
受付 3月7日まで(メールか、店頭にて受付いたします。)
※予定数に達した場合は事前に締め切ります。

●発送予定 3月9日 店頭お渡しは3月10日〜

●価格
200g 1150円
+送料がかかります。

●豆のまま or お好みの挽き方(エスプレッソ用の極細挽には対応しておりません。)

さて。豆は、宣言通りしばらくの間は店主の最近のお気に入り、
ブラジル・キャラメラードです。
Hasu no hana ではキャラメラードは深煎りに仕上げています。
ブラジルっぽい土臭さがなく、飲みやすい豆です。
キャラメルのようなアロマ、まったりとしたコクが特徴でおいしいです。
深煎りでも苦くはなく、オススメです。

【注文】
①名前
②住所
③電話番号
④メールアドレス
⑤gと豆の状態(挽き方など)

を記載して以下メールにてオーダーしてみてください。
hasucafe@sw.sub.jp
よろしくお願いいたします。


HPでは、カテゴリー【shopping】ということろからご注文いただけます。
[PR]
by hasunohanacafe | 2012-03-02 15:24 | 業務連絡