<   2012年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Boso Time Tunnel  
 
 房総半島は森が深い。幹線道から脇道にそれて少し山に入るだけで、木々がせまり、谷や沢から森の気があふれだす。山のひだが入りくんだ奥には、古い景観が眠っている。その中に日本から絶滅してしまったような奇跡の景観、素掘りトンネルがある。柔らかい地層に穿たれたトンネルに入っていくと、どんどん時間が遡っていく。穴に光が降りそそぎ込み、光と闇の境界でゆらぐ素掘りトンネルロード。そこは、時間と空間を自在に歪め、此岸と彼岸を行き来する房総の〈Time Tunnel〉である。
                               
中里和人
d0235511_115333.png



昨年「鵜の木のグリム」展を開催させていただいた写真家:中里和人氏の
初映像作品「BOSO TIME TUNNEL」のトークショー付き上映会を行います。
中里ファンなら必見のイベントとなること間違いなし!

2月11日土曜日
17時〜18時予定(16時30分開場)
1500円(1ドリンク付き)
定員15名 要予約
 
ご予約、お問い合わせは下記まで
hasucafe@sw.sub.jp


BOSO TIME TUNNELは房総に点在する素掘りトンネルを撮影した映像です。

素掘りトンネルの魅力とは?

映像をみて、私の感想は、「山に穴が空いている。これはある種の彫刻だ!」と思いました。
有機的なユニークの形のトンネルは、かつて人の手で掘ったという、
不在の存在を感じさせ、絶滅しそうな風景とは対照的にやけに存在感があり、
それもまた魅力の1つではないかと思います。
[PR]
by hasunohanacafe | 2012-01-29 01:13 | イベント
渡邉知樹展「雲の足跡」関連イベント”鳥ワークショップ”が
無事終了いたしましたーー。

と、いうことでワークショップの様子です。

まずは渡邉先生の説明から!
説明テキストもきちんと用意して、参加したみなさんに配る先生。よっ。
ワークショップっぽい。
d0235511_12317.jpg


本日は2種類の粘度と、先生が用意してくれた乾燥した鳥を削るという
内容になりました。と、いうことでひよっこが生まれ始めています。
ピヨピヨ。
d0235511_1172667.jpg


そして着彩タイム。色選びは楽しいですねーー。
d0235511_1213610.jpg


色を塗り塗り、命を吹き込みます。かわいいかわいい私の小鳥ちゃん。
d0235511_1244932.jpg


当初のスケジュールでは2時間でワークショップを終え、あとの1時間は
珈琲とスコーンでわいわいおしゃべりタイムの予定でしたが、
参加したみなさん、作業に没頭し、2時間半超えでも完成しない&集中力が
切れきたーーーという人続出。

と、いうことでなんとか形して、出来上がった人から珈琲タイムを取っていただきました。

作ってみると、いかに渡邉作品のいい感じのゆるやかさと完成度の高さの
絶妙なバランスでかわいい小鳥ちゃんが出来ていることを実感したのでありました。

ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

完全に乾燥したら、先生が仕上げ剤を塗り、さらに乾燥後のお渡しとなりますので、
しばし、たのしみに待っていてくださいね。

先生役の渡邉さんおつかれさまでした。
[PR]
by hasunohanacafe | 2012-01-24 01:45 | 店長の戯言
d0235511_15202242.jpg

d0235511_15203538.jpg

d0235511_15212174.jpg


さて、そろそろ次回の展覧会のお知らせです。

3月26日〜(会期調整中)より仮題)carton展を開催いたします。
cartonは段ボールの概念を変える、とコンセプトに、素材として段ボールを
使用し、実用性の高い財布やパスケース、など様々なプロダクトを発信しています。

段ボール自体、リサイクルで何回も再利用されいるので、”エコ”とかそういったことは
あまりこだわっているわけではない、とのこと。

確かに、時代的にエコエコ、っていっても、やっぱりデザイン性って重要ですよね。
cartonの作品を最初にみた感想は、純粋に”かわいい”とか”かっこいい”と思ったのでした。
そして、その次に、段ボールでできているんだ、という面白さがあるわけで。

段ボールの波の使い方とか、印刷の光沢感とか、傷、汚れ、擦れた感じの使用感とか、
計算せずカットし、トリミングされた偶発的なデザインの格好良さとか、面白いです。

海外も含めいろいろな場所や展示会などで出展はしてきていたけれど、
あらたまって展覧会的な個展は初めての試み、とのこと。

3月下旬からのcarton展は、必見です。
[PR]
渡邉知樹展「雲の足跡」関連イベントの特別展を見ながら、渡邉さんお手製の
アドボを食べるという”雲テラス”ですが、無事終了いたしました。

飲食店にてアルバイトをしているという渡邉さんが作る料理は、
そこらへんの男子が作る料理ではありませんでした!

鳥と豚を使う、といっていたので、これまたハードな肉食男子みたいな
食事かと思っていたら、味は酢が効いていてさっぱりと、お野菜もたっぷり
入り、おいしいのですが、盛りつけがまた、本当に美しい。

d0235511_23585055.jpg


ご予約いただいた方々は、特別展でしか見ることができない展示構成にて、
たっぷり渡邉ワールドを楽しんでいただけたようでした。

そして、渡邉さんは料理だけでなく、雲テラス終了間近にはかわいいかわいい
雲王国の絵を一枚一枚に描いたコースターをプレゼントしておりました。

インクがにじむので、実際のコースターにはできませんが、雲テラスの
お土産までついたとっても素敵なサプライズ。


ご参加いただいた皆様ありがとうございました。
渡邉さん、最後はお疲れの様子でしたが、お疲れさまでした!!

来週22日の日曜日は、鳥を作るワークショップですよーー。
ワークショップは定員に達した為、締め切っておりますが、
展示はご覧いただけます。
[PR]
by hasunohanacafe | 2012-01-17 00:01 | 店長の戯言
無事搬入を終え、2012年の最初の展示がスタートしました。

優しい色彩の水彩画、
作家曰く、目がチカチカする新作&吹き抜け空間に掲げられた布作品、
ずらーっと並んだオブジェ「花あたま」、
圧巻の150羽近くの小鳥オブジェ。

壁面、棚はそれぞれ見応えのある展示構成となっており、
会場、とてもいい感じになっております。

花あたま達がお出迎えいたします。
”わーわーわー。みんな会いにきてくださいよー。わーわーわー”
d0235511_1622615.jpg


15日はイベントの為、作家渡邉さん終日在廊されておりますよ。
[PR]
忘れておりました。
11日水曜日は搬入でございました。
と、いうことで珈琲、スコーン、パウンドケーキなどのテイクアウトのみ
の営業となります。
店内ではわらわらと展示搬入しております。
搬入とか興味あるわ、って人は覗きがてら、テイクアウトを利用してみてください。

尚、珈琲はアメリカーノのみとなります。
※エスプレッソのお湯割のことですよ。
[PR]
by hasunohanacafe | 2012-01-08 19:52 | 業務連絡
みんな大好き、鳥っこワークショップですが、
定員に達したため、受付を締め切らせていただきます。
ご応募いただいた皆様、ありがとうございます。
あとは、ワークショップまでに鳥妄想をして当日まで
お楽しみにお過ごしくださいませ。

鳥っこ、鳥っこ!
d0235511_22334536.jpg

d0235511_22341055.jpg


さあ、展覧会まであともう少し。
渡邉さん制作がんばって!!

そういえば、現在棚にはHasu no hana 雑貨も少し置いて販売しております。
実は、私描いてます。とは言わず手に取った方の反応を陰ながらひっそりと
楽しんでおります。

店作ったし、店長やっているし、これ以上はお腹いっぱいでしょう。
なので、あくまでひっそりと置いておりますよ。
[PR]
by hasunohanacafe | 2012-01-07 22:36 | 業務連絡
店主喪中のため、新年のご挨拶は控えさせていただいておりますが、
今年もよろしくお願いいたします。

さて。冬眠から覚めたら、まだ冬真っ最中でした。
えええええええーーー。

さあ、どうやって冬を乗り切っていくか。
寒い店内、どうやってお客様に乗り切ってもらうか。

とりあえず、湯たんぽが5個ありますので、それでがんばりましょー!

そう、ここは公園の「あずまや」みたなものですよ。
そんな覚悟をくれば、思うほど寒くない。

業務連絡始め。
ワークショップの空席情報です。
残り1名様分となっております。
お一人で参加される方もおりますので、興味ある方、躊躇せず是非ご参加くださいませ。
[PR]
by hasunohanacafe | 2012-01-06 17:39 | 業務連絡