<   2011年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

29日、本日を持って、年内の営業は終了いたしました。
ありがとうございました。

新年は6日からの営業となります。
よろしくお願いいたします。

新年を飾る展示 渡邉知樹展 ”雲の足跡”は13日からですよーーー。
[PR]
by hasunohanacafe | 2011-12-29 20:49 | 業務連絡
来年の展覧会「雲の足跡」関連イベント、紙粘土で小さな
鳥を作るワークショップまだお席がござます。

作業の進みなどにもよりますが、お一人様2羽作る事を予定しております。

現在、作家渡邉さんの部屋は鳥に占領されているようです。
ワークショップの参加のみなさん、こんな過程でつくっていきますよーー。
d0235511_0461084.jpg

[PR]
by hasunohanacafe | 2011-12-26 00:46 | 店長の戯言
新聞紙恐竜展無事終了いたしました。
年内の展示はこれでいったん終わり、次回展示は年明け2012年1月13日からとなります。

年末年始の営業について
〜29日 13:00 - 20:00 (L.O 19:30)
30日〜5日 冬眠
1月6日 13 : 00 - 20 : 00 (L.O 19:30)

展示はありませんが、年内は12月29日まで営業いたします。
通常木曜日は定休日ですが、29日は例外としてopenしています。
年始は1月6日からとなります。よろしくお願いいたします。
珈琲はお楽しみいただけますよ。

12月23日〜2012年1月12日までは店内中央棚に、イラストレーターの坂本千明さん の
愛猫である楳ちゃんがモチーフとなっているカレンダー、紙版画はがき、ステッカーなどが並びます。

その他、写真家中里和人さんの書籍も引き続き取り扱っておりますので、
お気軽にのぞいてみてくださいね。
[PR]
by hasunohanacafe | 2011-12-23 00:31 | 業務連絡
写真家、中里和人氏がふらりふらりとHasu no hana CAFEに
立ち寄ってくれました!!
相変わらず、静かに、アグレッシブな中里氏。

中里氏ならではの写真ワークショップ情報です。
ワークショップチラシ、お店にちょこっとありますよ。

■「ASAKUSA写真観光」写真ワークショップ ≪参加募集中≫
“旅するアート”貴方だけの浅草を見つけて写真で旅する観光体験。
この写真ワークショップは、本事業の参加作家である中里和人氏を講師に迎えて、
浅草を舞台に撮影したものをポストカードに制作して、ソウル市と郵便でつなぐ
メールアートを体験するものです。参加者は、まちの撮影から展覧会の開催まで
トータルで体験しながら学ぶことができる画期的なプログラムです。

日程(3日間+more):2012年1月14日(土)/15日(日)/2月18日(土)
会場:LwP asakusa(ループアサクサ)/AAN@Creative Hub131(2月18日のみ)
    中央区日本橋大伝馬町13-1-2階 "Creative Hub131"内
参加費用:3500円、学割3000円(高校生以上)
定員:20名(初心者から経験者まで)
講師:中里和人(東京造形大学教授)

《応募方法》
応募締切:2012年1月5日(木)必着
応募方法:Fax/E-mailにて[お名前・年齢・職業(学校名)・住所・電話(携帯電話・
連絡可能なもの)・E-mail]を明記のうえ、下記の申込先に「『ASAKUSA写真観光』
写真ワークショップ参加希望」を件名にして申し込んでください。

A.[E-mailによる申込み]
Art Autonomy Network[AAN] info@a-a-n.org

B. [FAXによる申込み]
台東区役所文化産業観光部文化振興課 台東区芸術文化支援制度担当
FAX:03-5246-1515
※詳細は「ASAKUSA写真観光」写真ワークショップのチラシまたはAANブログ
( (Click!) )をご覧ください。

■韓国アーティスト「Artist in Residence」Sung min Kang (アーティスト)
Jinhwon Hong(アーティスト)
2012年2月10日~27日(一部14日から)滞在制作。
(1)台東区内の取材をして、滞在期間中に作家独自の視点で作品を制作。
(2)地域住民や本事業関係者との交流が可能となる交流会を行う。
(3)滞在期間中に日本のアーティストやキュレーターと交流を深めて作家活動を
アピールする。
※滞在中の韓国作家と食文化を通じた交流会を2-3回行います。
2月18日(土)Warming Party日韓アーティスト・写真ワークショップ参加者など。
2月15日(水)・22日(水)AAキッチン Korean Night
2月24日(金)マキイマサルファインアーツによるオープニング・レセプション。

■共催組織BODAについて
ソウル中心地に位置するヴィジュアルアートセンターとして2006年にオープン。
ギャラリーやレクチャーホール、図書館、撮影スタジオ、写真用暗室・
デジタルプリント機材設備を併設する6階建ての施設。若手アーティストの育成に力
を入れていて、写真ワークショップや連続講座などを行うスクールを開設している。
写真プリントの技術は、非常に洗練されていて国内外の展覧会用にプリントを数多く
している。

■主催組織:Art Autonomy Network[AAN]
2005年に設立されたAAN(アート・オウトノミー・ネットワーク)は、国内外のオルタ
ナティヴ・アート組織やアートプロジェクトの情報収集とアーカイヴを基盤とした
ネットワーク活動を行なっている団体です。国際的で自律的な芸術活動を支援してい
くためのプラットフォームを提供しています。これまで芸術団体・個人を支援してい
くためのワークショップやシンポジウムなど教育プログラムに力を入れています。

《運営組織》
主催:Art Autonomy Network[AAN]
共催:BODA、マキイマサル・ファインアーツ
協力:(株)ドラマチック、銀座芸術研究所、Lucite Gallery
助成:台東区芸術文化支援制度
   国際交流基金
   公益財団法人 野村財団

Art Autonomy Network[AAN]
〒103-0011東京都中央区日本橋大伝馬町13-1-2階“Creative Hub131”内
Tel&Fax:03-6206-2767 E-mail: info@a-a-n.or

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
■Art Autonomy Network[AAN] とは?
2005年に設立されたAAN(アート・オウトノミー・ネットワーク)は、国内外のオルタ
ナティヴ・アート組織やアートプロジェクトの情報収集/発信、また資料アーカイヴを
通してネットワーク活動を行なっている団体です。国際的で自律的な芸術活動のため
に展覧会、プレゼンテーションなどによってアートをより面白くする活動を行ってい
ます。またコミュニティとアートをつなぐ数多くのプログラムを開催しています。
http://a-a-n.org/
[PR]
by hasunohanacafe | 2011-12-19 00:00 | 業務連絡
d0235511_21314799.png

d0235511_21321861.png

渡邉知樹展「雲の足跡」

空の青にさらされ/つかのまの眠りにみる夢
風のいたずらで/ときに雲は鳥になる

【展覧会期】 2012年1月13日(金)~2月5日(日)
 ※1月22日 16時~19時(カフェオーダー不可)
 ※2月5日最終日17時まで

渡邉作品でおなじみの鳥のオブジェを含む紙粘土作品、水彩、ドローイングなどを展示いたします。

渡邉知樹のぺぺぺ http://ameblo.jp/suetomi1980/

●event1『鳥ワークショップ』
紙粘土で小さな鳥のオブジェをつくろう!
1月22日(日)16時~18時
2500円(珈琲、ミニスコーン付き)
定員8名(要予約) 

もはや鳥工場!!というくらい、いままでに何100体もの鳥のオブジェを
作ったという渡邉さんと一緒に紙粘土で、小さな鳥のオブジェを作ります。
16時〜18時 鳥の形成、着彩まで。
18時終了後にみんなで一緒に珈琲でひとやすみします。

持ち物
エプロン
タオル
汚れてもいい服。

●event2 『雲テラス』
雲の上のテラスで「特別展示」を見よう!
1月15日(日)13時より各1時間計5回
1500円(お茶、ぺぺぺカフェ特製ごはん付き)
各回定員2名まで(要予約)

1回目 13:00-14:00
2回目 14:30-15:30
3回目 16:00-17:00
4回目 17:30-18:30
5回目 19:00-20:00

会場を飛ぶ鳥達よりも、高く、高く。
雲の足跡を追い、たどり着くのは雲テラス。
限定数の人しか見る事ができない特別展を見ながら、
作家渡邉知樹さんが作るアボドをお楽しみください。

※アボドとは、フィリピンの家庭料理です。
レシピは色々とありますが、ぺぺぺカフェのアボドは
酢と醤油に漬込んだ鳥と豚、その他大根など一緒に煮込こむそうです。


尚、イベントはすべて予約先着順となります。
同日の予約についてはメールの受信時間で確定させていただきます。
Hasu no hana CAFEからメールが届いた時点で予約完了となりますので
ご注意ください。

雲テラスは時間帯を第三希望まで書いて、メールをお送りください。

その他、イベント詳細について、ご質問等ありましたら、お気軽にお問い合わせください。
hasucafe@sw.sub.jp
[PR]
12月21,22日は連休となります。よろしくお願いいたします。
[PR]
by hasunohanacafe | 2011-12-14 17:00 | 業務連絡
新聞紙恐竜 作家杉崎良子さんの在廊情報です。
12月18日(日曜日)恐竜に歯をつける公開制作をしております。
12月20日(火曜日&展示最終日)作品のご予約をされた方や、
最終日に購入をされた方は開廊時間であれば、いつでもお渡しが可能となります。

両日ともオープンからラストまでいるとのことです。
年の暮れで忙しいとは思いますが、是非是非、いらしてください。

それから、店内レイアウトを一部変更いたしました。
展示棚を中央に配置したため、色々が角度から恐竜達がみれるようになりました。
裏から表から、舐め回すように恐竜を見る事ができます。
どの角度からみてもほんとうに美しい!!
d0235511_0192895.jpg

[PR]
by hasunohanacafe | 2011-12-10 00:10 | 業務連絡
さて、いつもは、アートをメインにブログを書いておりますが、
本日はちょっと珈琲のことを。

Hasu no hana CAFEは珈琲が飲めるギャラリーをコンセプト
にしています。
で、その店で提供する珈琲について、おいしいものが良い、と
思うのは当たり前のこと。

おいしさを求めていくと、スペシャリティー珈琲であるとか、
もちろん豆の品質が大事ですが、いくらおいしい豆でも焙煎してからの
鮮度とか、その辺も大きく影響があると思うのです。

上をみたらキリがない。珈琲専門店ではないので、出来ることと、
出来ないことがある。
その中で、自分で納得する形としては、おいしい豆選び、焙煎して新しい豆である、
オーダーを受けてから豆を挽き、抽出すること。としています。

その辺を考えていくと、自分で焙煎することが一番シンプルだったのです。

焙煎は奥が深くて、まだまだ勉強中ではありますが、それでも
珈琲がおいしい、とお声を沢山いただき、それはとても励みになっています。

豆売りはしないのですか?と聞かれることもあり、現在豆売りについては
徐々に計画してゆきたいなあと思っている1つのことであります。

どうゆう形にするかまだ考え中ですが、珈琲を飲んでおいしい!豆売り
希望!と言う方がいましたら、是非店主に声を聞かせてくださいね。
[PR]
by hasunohanacafe | 2011-12-09 00:56 | 店長の戯言
写真家中里和人さん情報です。
「鵜の木のグリム」展でのナイトウォークイベントでも大活躍だった幻燈機。
東京造形大学の教授でもある中里さんは大学にて幻燈機「Hachioji影絵プロジェクト」
を担当されております。

その「Hachioji影絵プロジェクト」の影絵公演があるようです。

-------------------------------------------------
Hachioji影絵プロジェクトは、明治、大正、昭和まで上演され今では消えてしまった影絵を復刻再現し、さらに新しい視点から現代版の影絵を誕生させ、八王子市地域の人たちに向けて上映することで、影絵を通じた町との交流・コミュニケーションを目指す本学大学院の社会連携プロジェクトです。
このたび、境南コミュニティセンター(武蔵野市)にて影絵を公演しますのでお知らせします。
-------------------------------------------------

開催期間 2011年12月11日
休館日  なし
時間   16:00~17:30
入場料  無料(定員50名)
※お申し込みは、境南コミュニティセンター窓口まで。
 お問い合わせ:境南コミュニティセンター協議会 成人活動部(TEL:0422-32-8565)
会場   境南コミュニティセンター 娯楽懇談室
会場住所 武蔵野市境南町3-22-9
[PR]
by hasunohanacafe | 2011-12-07 19:46 | 業務連絡
お店の扉には、お知らせの紙を貼っておりましたが、
HP,blogでインフォメーション不足だったかもしれないので、
再度、展示開催中の注意事項をお知らせいたします。

店内無断での写真撮影は一切お断りしております。

〜12月20日までの展示「新聞紙恐竜」は、作家杉崎良子さんより
写真撮影、ネット上への画像UPなど許可を得ております。
写真撮影ご希望の方は、必ず、一言声をおかけください。

※※小さいお子様をお連れのお客様へ※※

Hasu no hana CAFEは、珈琲が飲める「アートギャラリー」です。

展覧会期中(〜12月20日まで)は、店内を走り回ったり、
手に届く物を触ってしまう恐れのある、お子様のご入場はお断り
いたします。ご理解の程、よろしくお願いいたします。


尚、展示のみの閲覧は可ですので、ご興味あるかたはお気軽にご入場ください。
[PR]
by hasunohanacafe | 2011-12-04 22:11 | 業務連絡