<   2011年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

さて、店内はまだグリムの余韻を残しつつ、(書籍、中里氏ポストカードなど
取り扱っております。)
次回展覧会のお知らせです。

d0235511_15301395.png


2011年、ラストの展示を飾るのは、杉崎良子さんの新聞紙恐竜です。
新聞紙で創られた恐竜。そのまんま。
しかし、これが、一見の価値ありの本当に素晴らしい作品なんです。

新聞紙で創られた小さな恐竜は、造形の繊細や、躍動感を感じる迫力や大胆さ、
新聞紙の色面がなんとも美しく、日常と非日常が混在した魅力ある作品です。

---------------------------------------------------------------
SUGIZAKI Ryoko
「新聞紙恐竜」
2011年11月18日(金)~12月20日(火)

日常素材×非日常生物。 新聞紙で創られる小さな恐竜たち。
その造形美や立ち現れる色面が彼らに迫力をもたらします。
---------------------------------------------------------------

前回の展示では作品のほとんどが売れてしまったとのこと。
Hasu no hana CAFEでの展覧会の会期は長いですが、早めのご来場をおすすめいたします。
[PR]
11月3,4,5はお休みさせていただきます。
しかし、鵜の木では素敵なイベントが!!

ミニ印刷のいろは展 がオールライト工房にて開催される
ようです。


●日時
2011年11月5日(土)、6日(日)
各日12:00〜18:00
●場所
〒146-8577 東京都大田区鵜の木 2-8-4 金羊社1階
東急多摩川線「鵜の木」駅より徒歩3分
●内容
活版印刷を中心としたスペシャルサンプルを販売致します!
その他、トークショー・実演などイベント盛りだくさんです。
協賛:金羊社

ミニ印刷のいろは展→Hasu no hana CAFEの鵜の木ゴールデンルートにいくなら、6日がおすすめ!中里氏の展示が明日で終わりなので、店内も店主もぽっかり心があいてますが。。
[PR]
by hasunohanacafe | 2011-10-23 00:17 | 業務連絡
そういえば、路上幻燈会、ルートの公園に古墳があり、
そこで、なんの教訓もないようなグリムっぽい恐ろし話しを
聞いた。鵜の木のグリム。いろんな意味で、やっぱりグリム的世界でした。

さて、スライドトークショー&路上幻燈会ですが無事終了いたしました。
ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

イベントの内容や、スライドトークショーの中身は
参加したイラストレーターの坂本千明さんが実に素晴らしい記憶力で
ブログを書いていたので、今更私が書く必要あるまい。
イベントのレポートは千明氏の「今日もマウスで5分」をお読みいただく事を
おすすめいたします。

と、いうことで、店主は何をやるかというと、千明氏のブログを
補うような形で、画像をただアップするのみ。

ウィンドウを2つ開き、片方に「今日もマウスで5分」
もう片方に「Hasu no hana CAFE」のブログを開くとベストです。

d0235511_0132875.jpg

電信柱に映してみたり、、
d0235511_0143579.jpg

Tシャツに映してみたり、、、
d0235511_0151365.jpg

壁に映してみたり、、(Y字で壁面がずっと白壁はすばらしいシアターだった)
d0235511_2311513.jpg

この役割が非常に重要だったりします。。。
d0235511_0155072.jpg

時には、公衆便所劇場になってみたり、、(てっぺんはドーム状で蛍光灯で
点灯していたため、これまた面白いボックスシアターでした)
d0235511_0162164.jpg

にゃんなの。今夜は。騒がしいわね!!野良とは思えぬ美形の猫ちゃん。
d0235511_0165170.jpg

松の木シアター。背景には松の木のシルエットがニョキニョキと。
d0235511_01718100.jpg

d0235511_0174112.jpg

帰り道、ぞろぞろ。

この後、店内に戻り、スライドトークショーを行ったわけですが、
中里氏の言葉選びが絶妙で、かなり笑えるトークショーになりました。
そして、イメージの伝え方が明確で、あの世界観の手描き看板絵をみたら、
たぶんやっぱり「あ、グリムだ」と思ってしまうし、レトロな町にいったら
グリムを探してしまうだろう。

つくづく、中里氏の写真の力を感じた。
写真の美しさだけでなく、あとからじわじわとくるものがある。

ギャラリーカフェをオープンしてまもないのに、
こんな素晴らしい写真家さんの展覧会を開催させていただき、
本当に本当に幸せだなあ。。

と、いうことで、展覧会は23日まで。
1人でも多くの人に中里ワールドにトリップしていただきたい!
[PR]
by hasunohanacafe | 2011-10-18 00:31 | 店長の戯言
ある筋の情報によると、A.Y氏の川沿い住まいはほぼ確定的な
感じであった。
そして、さらなる調査の為、A.Y氏のポスターが貼ってある某製麺所に聞き込みに
行ってみた。
A.Y氏は「あそこはよく食べにいくんだよ。ポスターも貼らせてもらえるんだ」と
証言していたのだ。

その製麺所とは、私自身改装時、ほとんど週5くらいの勢いで
蕎麦を啜りにいってた事もあり、おばちゃん達も馴染みであるため、
事情聴取もしやすい。

しかし、どうしたことか、話が噛み合ない。
「ポスター?なんのこと??」

女将や親父さんらしき人達を巻き込み、壁に貼ってあった
ポスターを、確認すると、それはまったく知らないうちに貼られていたことが判明した。

そんなわけで、已然A.Y氏の消息は掴めていない。

A.Y氏は全体で哀愁を漂わせていた。
ミリキタニの猫の主人公を思い出させるようなほっとけない感じなのです。
ホームレスだけど、アーティストとしてのプライドがある。
みたいなところ似ているのかな。

A.Y氏にはあの独自スタイルでポスター作りを続けてほしいものです。

その前に、台風で流されていないか、原発作業員として、招集されていないか
そんなことが心配です。
またふらっと立ち寄ってほしいものです。
[PR]
by hasunohanacafe | 2011-10-12 21:20 | 店長の戯言
こないだ飛び込みで電光看板の営業を受けたけど、すごく冷たく断った。
なんだか看板ばかり営業受けるな。
しかし、電光って、まったくセンスが違いすぎて、ほんとご勘弁。
いまだ来てないけど、A.Y氏の看板の方が私には魅力的だ。

ところで、A.Y氏に看板を頼んだ、ボーカルレッスンをやっている
先生を知っていたので、ちょっと情報収集してみたら、
やはり先生も台風の頃から音沙汰がないという。

先生の看板はもう取り付けられていて、場所を地図に記して持ってくる、
ということだったみたいなのだ。

A.Y 氏は台風で飛ばされて、多摩川の竜宮城にいるのかもしれない。

はたまた、非常に著作権トラブル説も捨てがたい。
三菱一号館美術館コレクション
ロートレック展が開催されようとしているじゃないか。

A.Y氏たしか、ロートレック多様していたし、、。

まあ、そんなわけで引き続きA.Y氏の情報を集めてみます。

で、話が完全にそれた。
店の看板がないので、通り過ぎた。とか言われる。

そんなわけで、展覧会に合わせ、即席、展覧会用の看板作ったよ。
版画工房で捨てたあったアルミ版にペンキ塗り塗り。
転写シートでDMの絵を使用し、手書きで展覧会タイトル。
即席にしてはなかなかよい。
アルミ版がリトグラフの人が捨てた版だから、いいかんじにインクが
残っていたりするのです。

これは結構分かり易い。
鵜の木のグリムに、もう迷わずいらっしゃい。
ヘンゼルとグレーテルよ。

d0235511_15174387.jpg

d0235511_1518460.jpg

[PR]
by hasunohanacafe | 2011-10-07 15:18 | 店長の戯言
全て感じで書くと、なんか中国っぽいね。

さて、中里和人展「鵜の木のグリム」無事始まりました。
展示構成を当日に変更になってみたり、4軒先のラーメン屋で出前を
頼んでみたり、てんやわんや。
d0235511_237262.jpg

蓋を開ければ、とても素敵な会場に仕上がりました。

そういえば、鵜の木って人が居ないのかなあ、、と思える多摩堤通りですが
(Hasu no hana CAFEの前の道)ですが、この間、反対側の中華屋さんに入ってみたら、
食を求めて人が来るわ来るわ。
なんで、ラーメンってそんなに人気なの?
もれなく男の人はラーメンが好きな気がするし、、

と、ぼんやり考えていたら、出前でラーメン。
50代の写真家ですら、教授ですら、ラーメン好きなのか!!

ラーメンの絵を写実、100号くらいで描いている方いたら、
Hasu no hana CAFEで展示しませんか?

さ、ということで、中里和人氏の追加在廊情報です。
当初、初日の1日しかこれない、とのことでしたが、なんとなんと
もう1日増えました。

10月14日 13時頃〜19時頃まで

イベントに参加できない方などは、この在廊日必見です。
[PR]
by hasunohanacafe | 2011-10-04 23:07 | 業務連絡