<   2011年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

告知していると思ったのだけど、大丈夫かしら。
明日、金曜日は搬入日の為お休みになります。
ご迷惑をおかけいたします。
[PR]
by hasunohanacafe | 2011-09-29 18:52 | 業務連絡
さて、いよいよ今週末10月1日から始まる
中里和人展「鵜の木のグリム」
ですが、作家在廊情報です。

初日1日はオープニングパーティーは行いませんが、
中里氏在廊しております。

店主、初めてお会いしたときに、緊張して
展覧会のお誘いを、うまく話せるかどうか不安でしたが、
東京造形の大学教授でもある中里氏は、年下の人との接し方も
お得意分野か、充分に心得ており、とても話しやすい雰囲気で
感動したのでした。

と、いうことで、中里氏と、実際にお話できるチャンスです。

はりきって1日にいらしてくださいませ。
[PR]
by hasunohanacafe | 2011-09-26 23:24 | 業務連絡
中里氏の展覧会に合わせ、書籍を取り揃えている。
で、本日”セルフビルド”が届いた。
これはSTUDIO VOICEでの連載、
文:石山修武 写真:中里和人 で
「SELF BUILD セルフビルド 自分で家を建てるということ
という内容だったらしい。

荷物が届き開封したときに、その装丁が素敵だったので、
”きゃん”と声を出してしまった。

表紙の写真の色とか、帯の入り方とか(でかでかと
”この本は自己表現の
ガイドブックである。”書かれている)
STUDIO VOICEを彷彿させる、ちょっと厚めなざらっと
した風合いの紙とか、好みが詰まっている。

そこに、中里氏の写真である。
もうたまらない。
石山先生の解説が追い打ちをかけてまたいい。
建築的じゃないのです。だから小難しくなく解説を読める。

紹介されているセルフビルドの家はどれも味わい深いのだけど、
中でも巨大ドラム缶が横たわった川合邸にはすごく興味を抱いた。
「建築はね、立っているから倒れるんで、初めから寝ていれば
倒れようが無いんだよ。」
と主の川合健二さんは言ったそうな。


「家はね、本当は自分たちで作るモノなんだよ。
蜂だって、鳥だって、めめずも、蟻も自分で自分の棲家作ってるだろう。」
という文章を読んで、はっとした。
そして、無性に家が作りたくなった。何もない所から。

と、いうより、人だって、自分の家を自分で作るべきなのじゃ
ないか、とすら思えてきた。

素材は、何を使う?
やっぱり土に返る物がいいな。
自然の一部を借りてちょっと手を加えて、その景観(ここで
いう景観は街じゃなくて、アマゾンみたいな森とかそうゆう類い)の一部で
あるような感じがいい。

そんな想像をしつつ、
本の中で紹介されている、セルフビルドで自分の
城を築き上げた人達が羨ましくなった。
d0235511_2159537.jpg

[PR]
by hasunohanacafe | 2011-09-23 21:59 | 店長の戯言
梁、柱が立派でね、木がいい感じに黒ーくなっていてね、
昔の家ってやっぱりいいよね。うん、よいよい。
なんて古民家好きは思っているだろうよ。
我が店も、それなりに立派は丸太の梁なんかがあるから、
そりゃ素敵にもみえるんです。

「私、店をやるなら、古民家をセルフリノベーションがいいなあ」
なんてはりきっている君に告ぐ。

瓦屋根のトントンは予告通り大変です。改装時の予告
びっくらしました。今頃になって。この台風でトントンのポテンシャル発揮です。

大きな地震じゃないとそこまで砂は落ちてはこなかったのだけど、
この台風で、明らかに砂が落ちてきているのが分かる。
2階回路の一部なんて、そら、あんたプランターひっくり返して、
掃除ちゃんしなかった、みたいな状態になっています。

d0235511_19132995.jpg


やっぱりここは屋内のようで、あずまやにしかすぎないのだ。
寒いとか、暑いとかいろいろ防げるとは思ってはいかんのです。

古民家改装+やるなら吹抜け♡で。
なんて思っている君よ。
君は潔癖性じゃないかい?
ネガティブ思考じゃないかい?
神経質なほうじゃないかい?

もし当てはまるようなら、きちんとトントン葺きの処理をするのだぞ。
[PR]
by hasunohanacafe | 2011-09-21 19:13 | 店長の戯言
現在開催中のmini mini exhibition「雲」清水直子 棚展示ですが、
一番人気は、非売品で値札のない星のオブジェです。

スターなあのこはやっぱりスター。
d0235511_1926349.jpg


この報告を清水氏にあげると、いよいよあの子に値段がつけられて
しまいました。

こんな、かわいこちゃんなのに、1800円だそうです。

きっと清水氏にあの子はいってるはずだ。
スターなのに、たいして高嶺の花じゃない!あたし。あたし!!
[PR]
by hasunohanacafe | 2011-09-18 19:29 | 業務連絡
トイレ工事完了いたしました。
同じ敷地内にあるってなんて快適!

さて、トイレ事件についてそろそろ語らなくてはなりません。

「9.6鵜の木の悲劇2011」
副題-奇しくもその日は姉の誕生日だった!!

鵜の木の悲劇とは、まさに悲劇もいいところ。
滅多に起こらない事故が、便器を交換するまでの大惨事になってしまった
という珍事件。

奇麗好きのマダムが、せっせとせっせとトイレを掃除し、
ピカピカに仕上げ、水を流した時にその事件が起こったのです。

トイレクリーナーヘッド(以下タワシ)の水切りをしていたら、
先がポロっと取れ、不幸にも、それは洗浄している最中で
便器ブラックホールへのもの凄い勢いで吸い込まれていったのです。

9月6日 深夜
業者を呼ぶことに。。
電話で料金のことを確認すると、24時間同料金で対応してくれるという。
業者到着時刻 9月7日深夜0時過ぎ。
●手を突っ込む(基本4000円)
●取れないので、ポンプを使うと告げられる 
(ポンプ使用により8000円超え)
●それでも取れないので、便器を外すしかないと言われる。
(その際金額が確か32000円くらい)

泣きそうになるが、12時も過ぎているし、それで問題が解決するなら
いいかなと思い承諾することにした。

しかし、ここで第2の問題発生。
便器を固定しているネジが腐っていて、簡単には外せないという。
便器を壊すしかない、と言われ、金額が高額になりそうだったため
ここを作ってくれた大工さん(以下K氏)に相談し、業者には一時お引き取りを
いただくことにした。

9月7日
店舗改装時にかった集塵機は水も吸い取れる。
その集塵機で、便器の中の水をぐんぐん吸い取ると、簡単に
タワシがぽこっと取れた夢をみた。
取れたタワシを”手鞠”のように、ポンポンと飛ばし、
夢の中の私は安堵からか異常に笑っていた。

そこで、K氏からのメールで目が覚めた。
まだ7時前である。完全な睡眠不足。
「どうなった?」
このメールをして、現実に引き戻された。嗚呼。

しかし、あの夢はきっとお告げに違いないと、張り切って
集塵機で水を吸い混んでみることにした。

ぐいんぐいん水を吸い込む集塵機。
いけいけーー、いけいけーーー。の声援。(って1人ね)

しかし、タワシはびくともしない。

その晩。
第2の業者が来ているところに、K氏登場。
業者さんは昨日とは別の業者さんだけど、基本的には言っていることは
同じで、便器を壊わすしかないと。

新規に取り替えた時の見積もりだけ依頼し、その後は
K氏にバトンタッチ。

K氏は、供回りしてしまうボルトを切っちゃえば?
と言って、サンダーでぶった切ることことに。
(※業者は便器に傷をつけると保証問題がでてきてしまうので、
ネジを切ってしまうようなことなしないらしい。
ネジが通常に外れない場合は、交換を勧めるのです。)

その後なんやら、なんやらまだ問題があり、便器が外せない。
翌日までまた持ち越し。

9月8日
夜。K氏再び登場。
昨晩は疲れていたのか?取れなかったはずの便器が
開始から5分で取れた。

そして、夜の町へ放り出される便器。
マルセルデュシャンみたくなってる、、、。
d0235511_20422558.jpg


そして、この騒ぎを聞きつけ、周りの親切な大人達がいれかわり
立ち代わり、助っ人に加わる。

ひっくり返して、いろいろ細い弾力のある棒状の
ものを突っ込んでみたり、水を大量に流したり、はたまた、
水を流しながら集塵機で吸い込んで激流をおこしてみたり、
ママレモンを手につけてヌルと便器の中に表から、後ろから突っ込んでみても、
「タワシ」にぶつからない。

ここまで取れないと、K氏も、私も、もう取り替えの方向で
仕方ないかと思っていた。

しかし、この悔しいほどの取れなさが、チャレンジ意欲を沸き立たせるのか、
挑戦者達が諦めさせてくれない。
これはどうだ、あれはどうだ。
ありとあらゆす手段で、便器に挑むのです。

d0235511_18333247.jpg

d0235511_1834923.jpg

d0235511_18343657.jpg


何をやっても取れない「タワシ」
次第に挑戦者達は疑いの目を向けるようになり。。
そもそも本当に「タワシ」は詰まっているのか?
「徳川の埋蔵金」みたいなものなんじゃなのか!!??
我々はないものを取り出そうとしているのではないか!?

そして、我々は深夜このような結論に到達したのです。

2つの事件が同時に起こり、さも1つの事件のように思われ、
事件の糸口がみつからず迷宮入りしてしまった。

2つの事件の1つ目はもちろん、
「タワシ」が流れてしまった事。
2つ目は、「遺跡」
挑戦者の1人が、便器に手を突っ込んだ時に、色々と掘り出しのです。
蝶番みたいな金属とか、カルキのような硬化した謎の物体(それらをまとめて
「遺跡」を呼ぶことにした)
ともかく、長年の間にできた「遺跡」が問題で流れがわるくなったのではないか。

点と点の2つの事件を勝手に線で結んでしまい、さも「タワシ」が
原因で詰まるようになってしまった。と思い込んだ、、。

うん、絶対そうだ。だって、遺跡を取ったあとの便器は
だいぶ水がするすると流れ、もはや、何か詰まっているように思えない。

と、そして、再度便器を所定の位置に取り付けてみることに。

ではここからは動画でお楽しみください。


そんなわけで、結局取り替えることになったのでした。
マルセルデュシャンからドナドナへ。

47年間ごくろうさまでした。
なんだか切ないね。
d0235511_20282982.jpg


とりあえず、トイレはピッカピカになったけど、あんまりにも
代わり映えしなく、写真でみると間違え探しのようですが、
いちお、事件前、事件後です。
d0235511_20324659.jpg

d0235511_20332184.jpg

[PR]
by hasunohanacafe | 2011-09-16 23:26 | 業務連絡
DM出来たお知らせして、内容UPし忘れてましたね、、。
ということで次回展覧会のお知らせです。

---優しくて残酷 現実的で超現実的 恐ろしくて滑稽。
路上アートにみるグリムワールド。今は無くなりつつある手描き看板を撮り収めた
写真画集「グリム」の出版記念展示を行います。

----------------------------------------------------------------
写真画集「グリム」(清流出版)出版記念
2011/10/1(土)~23日(日)
Hasu no hana CAFE
東京都大田区鵜の木1-11-7
open13:00-20:00(L.O19:30)
close 木曜日
初日10月1日は中里氏在廊いたします!
----------------------------------------------------------------
■Special■
ナイトウォークイベント●
シアター中里和人と巡るグリムワールド
『鵜の木のグリム』スライドトークショー&路上幻燈会

スライド映写機である幻燈機(風呂)をぶら下げ、
街の闇溜まりに映像を映し、夜の路地裏を劇場へと変身させます。

10月15日(土)18時開場 18:30~20:00
参加費:1500円(1ドリンク付き)
定員:15名(要予約)
ご予約・お問い合わせ:hasucafe@sw.sub.jp

作家プロフィール
中里和人 1956年三重県生まれ。写真家。東京造形大学教授。
写真集に『小屋の肖像』『キリコの街』『ULTRA』、共著に『夜旅』
『セルフビルド』『こやたちのひとりごと』などがある。
[PR]
月曜日が通り過ぎ、火曜日が駆け抜け、水曜日が落ちようと
しています。

が、A.Y氏が現れない。
でも、信じてます。
詐欺やろうでもなんでもありません。
だって、A.Y氏のポスター町中で見つけたし。

d0235511_22405050.jpg


予想される理由は2つ。とあんまり可能性の低い予備案が2つ。

可能性1 コピー代がない。
A.Y氏のギャラは一カ所につき、夏目さん1枚という破格ぶり。
しかし、原稿をつくるのに、元ネタをコピーをし、出来上がったらカラーコピーをし、
仕上げにラミネート加工をするのです。
業者に頼んで。
原価率高過ぎ、、、、。その日暮らしなのに、、、(またまた失礼発言)

可能性2 シュールレアリズムが掴めない。
注文する時に、植物とか動物とか使って、
シュールレアリズムっぽくして!と頼んだのです。
A.Y氏は、「おー、おー。シュールレアリズムね。」と復唱したけど、
分かってなさそうだった。
幸い?彼の作業場は図書館。
そこでシュールレアリズムを調べだしちゃっているのかもしれない、、。

可能性3 プレッシャー負け。
A.Y氏は風来坊でもなんでもなく、実はITも強く、このブログを
みたのかもしれない。
店主に想定外の期待をもたれていることに加え、コメントより
他にも興味を抱く人がいることを知る。
今まで感じなかったプレッシャーを感じ、
押しつぶされてそうになっているのかもしれない。

可能性4 著作権、肖像権のトラブル
A.Y氏は自分では絵をかかないため、コラージュ作品になります。
鵜の木、沼部、下丸子、久が原などA.Y氏のテリトリー界隈に、
ロートレックの遺族や、防犯警戒中に使用されているモノクロムッシュー
の親族がいたのかもしれない、、。


そんなところでしょうか。
まあ、気長に待とう。
[PR]
by hasunohanacafe | 2011-09-14 22:49 | 店長の戯言
d0235511_15505233.png

d0235511_1551667.png


中里和人展「鵜の木のグリム」のDM出来上がりました。
DM置いてもいいよ、なんていうギャラリーやお店ありましたら、
広報活動に是非ご協力くださいませ。


そういえば、最近ギャラリーだけ見ていっても大丈夫ですか?
とか、ここは珈琲も飲めるんですねえ、と言われるとシメシメと
思います。

そう、そして棚も新調し、棚展示はminiminiからminiくらに
なれるように増強する予定です。

かと思えば、ご近所のマダム達には、「ママ」呼ばわり。
スナックじゃありませんよ。
[PR]
by hasunohanacafe | 2011-09-13 16:00 | 業務連絡
トイレ休業の噂や、まだトラブルが収束しておらず、ご迷惑をおかけしております。

と、いうことで、「雲」清水直子 棚展示は延長することに決定いたしました。
鵜の木駅でトイレをしっかり済ませ、是非いらしてください!
延長期間はトイレ事件調整後に正式に決定いたしますが、
1週間の延長の21日までは確定です。よろしくお願いします。
[PR]
by hasunohanacafe | 2011-09-11 12:28 | 業務連絡