多摩川春の野草と自生野菜を食べる会

多摩川春の野草と自生野菜を食べる会(仮称)第1回目を3月30日に
行いました。

講師であるナチュラリストA氏は、
「私達は野草というおしゃれな言葉は使いません。すべて山菜といいます。」
「昔は山菜という言葉はなく”あおもの”と呼んでました。」
言っておりました。

と、いうことで本日観測できた春の山菜は11種。
(※写真のあるものは採取して試食したもの)
●ヨモギ
●ギシギシ
●キクイモ
●クズ
●ソバ
●ヤブガラシ
●ヤブカンゾウ
●クコ
d0235511_1643860.jpg

d0235511_16435227.jpg

●ハマダイコン
d0235511_16445925.jpg

d0235511_16453928.jpg

●ノビル
d0235511_16465545.jpg

d0235511_16473198.jpg

●ヨメナ
d0235511_16483186.jpg

d0235511_16492586.jpg


それに加え、講師が上流から採取してきた山菜5種。
(試食したものも画像なし)
●アマナ
●アケビ(新芽)
●セリ
●ツリガネニンジン
●スカシタゴボウ

と、いうことで春の山菜9種を味わい、その他講師が保存食にしている、
という物を見せてくれました。
山菜も茹でて干して保存できるようですよ。
d0235511_17284249.jpg

d0235511_17275831.jpg

山菜の個性ある味は、なんとなく癖になり、また食べたい!と思う程です。

一見雑草に見える物も目が慣れてくると、おいしそうに生えており、
東京に居ながら野遊びが手軽にできる多摩川って素敵だなあ、と感じました。

でも悲しい現実としては、どんなに楽しくても、口に入るものだから
色々気をつけないこともあるわけで。
放射能とか、工場地帯だった、ということを頭においておかないと
いけないと思います。

その一方、販売されている種や苗はF1種といって同じような大きさや
形で育つようになっている改良種とのことで、それはまた一代限りの
野菜でもあるということを最近知り、衝撃を受けていたのです。
だからこそ、毎年誰の世話にもならず、勝手に花を咲かせ、種をこぼし、
自生している山菜が愛おしく貴重だと思っているわけです。
きっとこの知識は財産になることでしょう。

講師のAさん、さすが野遊び達人。多摩川散歩がたのしくなります。
ありがとうございました。
(講師A氏は迷いがなく、的確にさっとおいしいところを摘んでいって
おりました。)
d0235511_1757412.jpg


参加してくれた皆様、ありがとうございました。
d0235511_1758453.jpg

[PR]
by hasunohanacafe | 2013-03-31 17:58 | 店長の戯言